コレステロールを気にする方の食事



コレステロールとは

 

 

コレステロールと聞くと、体によくないものというイメージが強いと思います。実際に、コレステロール値を下げるために食事制限を行っている人もたくさんいます。

 

 

脂肪の多い食品やカロリーの高い食品を摂りすぎると、肝臓は必要以上にコレステロールを作り出してしまいますし、コレステロールのバランスを崩してしまって、高コレステロール血症や動脈硬化などの症状を引き起こしている人が増えているのも事実です。

 

 

しかし、コレステロールが悪いわけではないのです。それどころか、コレステロールは人間の体にとって必要な物質です。コレステロールは人間の体の細胞膜を作る働きがあり、筋肉を作るホルモンの原材料となります。また、栄養分の分解にも作用し、栄養を吸収する胆汁酸の原材料にもなります。

 

 

コレステロールには善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールと、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールがあり、この善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスを維持することが、健康な身体にとって大事なことなのです。

 

 

悪玉コレステロールの働きは、コレステロールを体内に供給することですが、増えすぎてしまうと血管の中に溜まって、動脈硬化を進行させる原因になります。また、中性脂肪が増えすぎると悪玉コレステロールが増える原因となります。善玉コレステロールの働きは、体内に蓄積されたコレステロールを排出することであり、結果として動脈硬化を予防することになります。